DentalX Mirror クイックガイド

DentlaX Mirrorクイックガイド

ご利用前の準備

DentalX Mirrorが届いたら、まずカメラのセッティングとiPadの準備を行います。
※ご利用には、システム条件を満たしたiOS11がインストール可能なiPadと、インターネット環境が必要となります

1.カメラのセッティング

箱からカメラ、充電台、電源アダプターを取り出し、カメラと充電台をセットします。
正しくセットされると前方のLEDが点灯し、充電を開始します。
(充電が完了するとLEDが消えます)
カメラをご利用の際は専用のディスポーザブルカバーを装着してご使用ください。


2.マニュアルアプリのダウンロード

App Store から、
マニュアルアプリ ”さぽせん” をインストールします。

Apple IDをお持ちでない方はこちらをご覧ください>>>
DentalXユーザーでApple IDを忘れた方はこちらをご覧ください>>>
さぽせんダウンロード手順はこちらをご覧ください>>>
※DentalXユーザー以外の方はご自身のAppleIDをご利用ください。

さぽせん

3.iPadのセッティング

iPadのOSが、iOS11以上かどうかを確認します。
iPadがiOS11以上でない場合には、最新のiOSにアップデートを行います。

ご注意ください!
DentalXユーザーは画像閲覧アプリ DentalX Airのバージョンの確認が必要です。
ご利用中のアプリが最新OSに対応しているかどうかをご確認の上、最新のiOSにアップデートを行ってください。未対応の場合、使えなくなる場合があります。

4.アプリのダウンロード

App Store から、
DentalX Mirror専用アプリ ”Dental Shot” をインストールします。

DentalShot



トップに戻る↑

カメラの概要




DentalX Mirror撮影時は、Apple TVの使用はできません。
屋外でのご利用は、電波法で禁止されています。屋内でのみご利用下さい。

アプリとカメラの初期設定

アプリを起動すると、はじめにユーザー登録やカメラ登録などを行う初期設定画面が表示されます。
iPadをインターネットに接続し、「続ける」をクリックして、画面上の案内に従って進めます。

DentalX Mirrorカメラ本体とiPad、延長保証 Planet Careにご加入の場合はPlanetCareIDをご用意ください。
PlanetCareID はプラネットより配信された"【プラネット】DentalXMirror お届けのご案内"メールに記載されています。
※ユーザー登録や初期設定にはインターネット接続が必要です


1.ユーザーログイン

はじめに医院情報の新規登録を行います。→ 登録したメールアドレスにパスワードが発行されます。
ユーザーログインとパスワードは、1医院に1つとなります。
複数台iPadでDental Shotアプリを利用する場合は、
使用するカメラの本数に関わらず必ず同じメールアドレスとパスワードでログインを行ってください。

ログインが完了しましたら、アプリ画面の手順に従ってカメラの登録に進んでください。

2.Planet Care登録

PlanetCareにご加入の場合は、プラネットより配信された
"【プラネット】DentalXMirror お届けのご案内"メールに記載されているナンバーを入力します。


トップに戻る↑

DentalX Mirrorを使ってみよう

まずは、カメラで撮影し、説明までの流れを把握しましょう


撮影までの流れ

1.カルテナンバーと名前を入力し、撮影ボタンをタップします。



2.カメラとの接続を開始し、撮影画像がモニターに表示されます。



3.カメラのキャプチャーボタンで撮影します。(画面のボタンでも撮影可能です)
動画と静止画の切り替えが撮影画面で選択できます



4.撮影が終了したら、撮影停止ボタンをタップして撮影を終了します。



5.撮影した画像は、ライブラリに保存されます。



<撮影のポイント>
カメラのシャッターボタンを強く押すとカメラ先端のレンズ部分が動き、手ブレの原因となります。
レンズ部分が動かないように工夫すると、うまく撮影ができます。
・カメラの先端部に指を添えて固定して撮影する
・撮影対象の反対側の歯や頬にカメラを軽く押し当て、先端部を固定して撮影する
・iPad画面の撮影ボタンで撮影する


撮影後の画像表示

ライブラリから画像をタップすると画像が拡大され、ピンチで画像の拡大縮小ができます。
画面下に前後の写真が表示されタップすると切り替わります。


説明ボタンを押すと説明モードに
切り替わります。

描画:Apple Pencilや指を使っての説明に
使用できます
画像反転&ネガ/ポジ

撮影した画像や動画の管理

Dental Shotは、撮影に特化したアプリケーションです。
撮影した画像は、一時的に保存されますが、長期保存を目的とした画像データベースシステムではありません。
撮影後の画像は、速やかにDentalXへ転送、もしくはiPadの写真アプリに転送後、他のシステムで画像管理を行って下さい。
(登録できる撮影回数やデータ数、及び保存期間に制限があります)

画像転送

ライブラリ画面にて、保存する画像(動画を含む)を選択し、送信ボタンをタップします。



・DentalXユーザーは、DentalXの連携設定を行うことで、DentalXに画像が保存されます。
・DentalXを導入されていない医院さんは、iPadの写真アプリのアルバムに画像が保存されます。

リストとタスク表示

リストは患者毎にタスク(撮影単位)で作成されます。
同日に撮影した画像は同じライブラリに追加されますが、翌日に撮影した場合は、新たに別リストとして保存されます。

撮影リスト・送信履歴

画像転送が行われていない撮影が一覧で撮影リストに表示されます。
画像転送が行われた患者は送信履歴に移動します。
また、撮影予定の患者を、リストに事前に登録しておくことができます。

<ポイント>
アプリに保存されるデータ容量が大きくなるとiPadの動作や他のアプリに影響を与えることがあります。こちらを考慮し、アプリ内で制限を設けていますが、不要な画像や動画、及びリストは速やかに削除することをお勧めします。

トップに戻る↑

連携設定

DentalXとの連携設定

DentalX ver.9.2にアップデートを行います。
DentalX v9.2へのアップデート手順>>>

Dental Shotの設定画面で、
DentalXサーバのIPアドレスを登録します。
DentalX サーバのIPアドレスを登録する>>>

DentalHubとの連携設定

同じiPadに2つのアプリがインストールされていれば、自動で連携されます。
Dental ShotやDental Hubの設定は必要ありません。
Dental Hubの患者シートのDental Shotボタンをタップすると、
Dental Shotアプリに切り替わります。

2つのボタンが表示されるので、タップして選択します。


  • 撮影: 撮影画面に切り替わり、前回繋いでいたカメラに接続を開始します。
  • 予定に追加: 撮影予定リストに患者が追加されます。

DentalX Mirror 専用ディスポーザブルカバー

使い方

1. 紙の付いた状態で入口のカバーの片方だけ摘んで、カメラをカバーに挿入します。



2. カメラの先端部をカバーが伸びるくらいに軽く押し込み、
先端のレンズ部分とカバーを密着させます。



3. カメラを手前に引き上げ、カバーを紙から剥がします。



4. ご使用前にカバーに破損やキズ、破れがないか等ご確認の上ご利用ください。



DentalX Mirror 専用ディスポーザブルカバー
ポリエチレン(PE)の特殊製袋加工、台紙付、日本製

※本製品は滅菌処理をしておりません。
滅菌消毒等の感染予防対策については、医院の管理・責任の上ご使用ください。
トップに戻る↑

DentalX Mirrorサポートムービー


『Pちゃん』配信のコンテンツを共有します!



1. DentalXアップデート操作案内
サポートムービー01

2. DentalX Mirror 登録〜撮影
サポートムービー02

3. DentalXとMirrorの連携設定
サポートムービー03

4. Planet Careの登録について
サポートムービー04

5. DentalXとDentalShotのアップデート&小技特集
サポートムービー05

6. 複数のDentalX Mirror設定方法
サポートムービー06

7. MirrorのDentalXとiPad連携方法
サポートムービー07

以下、順次公開していきます。

Facebookライブ配信『Pちゃん』 
https://www.facebook.com/groups/107134686794519/ 
毎週、月火水金の13:20から配信。生放送ですのでその場で質問ができます。
※Facebookアカウントをお持ちでない方は、ユーザー登録が必要です。



これで準備は終わりです。
DentalX Mirrorで、全く新しいレベルの撮影をご体験ください。