会社情報

国民アンケート調査 DDL (デンタルデータライブラリ)


第46回 国民アンケート調査報告「インプラント治療について」

調査対象期間:2010年2月8日〜2月23日

今回は、インプラント治療についてアンケート調査を行った。

Q4では、インプラント治療法の認知度を調査した。
Q5では、インプラント治療の経験を調査した。
Q6では、インプラント治療を選択する判断基準について調査した。
Q7では、インプラント治療を選択する前に受けておきたい説明について調査した。


1. 調査結果要約

今回の調査から、インプラント治療について次のことが分かった。

  1. インプラント治療の認知度は9割程度と高い。
  2. インプラント治療の経験は3%程度でまだ普及しているとは言えない。
  3. インプラント治療の選択において、患者さんとドクターの信頼関係が重要である。
  4. インプラント治療を提供する時には、リスクや費用などの項目を十分に説明して欲しいと考えている。

2. 調査結果

Q1 男女比

男性
女性


Q2-1 年齢比

0-9代
10代
20代
30代

40代
50代
60代
70代

Q2-2
性別年齢比

Q3 職種別比

会社員
主婦
パート・アルバイト
学生

無職
自営業
公務員

管理職
その他

知っている
知らない

[図4-1]

[図4-2]

Q4
歯を失ってしまった場合に、人工歯根を埋め込んで人工の歯をつける「インプラント」という治療法があることをご存じですか?


Q4では、インプラント治療法の認知度を調査した(図4-1参照)。「歯を失ってしまった場合に、人工歯根を埋め込んで人工の歯をつける「インプラント」という治療法があることをご存じですか?」という質問に対して「知っている」87%、「知らない」13%となった。


因みに、年齢が高いほど認知率は高くなる傾向がある。(図4-2参照)

はい
いいえ
わからない

[図5-1]

Q5
インプラント治療を受けたことがありますか?


Q5では、インプラント治療の経験を調査した(図5-1参照)。「インプラント治療を受けたことがありますか?」という質問に対して、「はい」3%、「いいえ」95%、「わからない」2%となった。インプラントの認知率は高いが、普及していないことが分かる。


年齢別のインプラントの経験を調査した。インプラント治療の特性上、0歳〜30代の方が治療を受ける可能性を低いと考えても、40代以降の経験は、40代がピークで4.6%となった。インプラントの認知率は高いが、普及していないことが分かる。(図5-2、3参照)


[図5-2]


[図5-3]

     とても重要 重要 どちらでもない
     重要ではない 全く重要ではない
[図6]

Q6
もしあなたが歯を失ってしまった場合、インプラント治療を選択する判断基準として各項目の重要度をお答えください。

Q6では、インプラント治療を選択する判断基準について調査した(図6参照)。「もしあなたが歯を失ってしまった場合、インプラント治療を選択する判断基準として各項目の重要度をお答えください。」
1)健康になる
2)きれいになる
3)生活が快適になる
4)自分が信頼しているドクター
5)周囲からの評判が良いドクター
6)病院の規模や設備が充実している
の6項目に関して、重要度を調査した。

6つの項目に対して、「とても重要」という項目に注目すると「自分が信頼しているドクター」と「快適になる」という項目が突出した。

しっかり説明して欲しい 説明して欲しい どちらでもない
説明はいらない 全く説明はいらない
[図7]

Q7
あなたがインプラント治療を選択する前に受けておきたい説明について、各項目の重要度をお答えください。


Q7では、インプラント治療を選択する前に受けておきたい説明について調査した(図7参照)。「あなたがインプラント治療を選択する前に受けておきたい説明について、各項目の重要度をお答えください。」
1)費用
2)リスク
3)効果
4)治療期間と回数
5)耐用年数
6)治療の流れ
7)アフターサービス
8)保証
9)担当医の治療実績
の9項目に関して、調査した。

9つの項目のうち、「しっかり説明して欲しい」という項目に注目すると「リスク」「費用」が高いが、「説明して欲しい」までを含めると、「担当医の治療実績」以外の項目は全て説明して欲しい事がわかる。

DDLとは?

DDLは、株式会社ビズ・ナビ&カンパニー 早嶋聡史氏の協力のもと、プラネットが運営する「デンタルシャーロック」から一般の国民に向けて行っています。アンケート対象者は国民ですが、今後は歯科に関わるデンタルスタッフのアンケート結果も定期的に発信していきます。 ぜひ歯科医院の経営や戦略にお役立て下さい。


最新の調査報告


過去の調査報告

第54回第53回第52回
第51回第50回第49回
第48回第47回第46回
第45回第44回第43回
第42回第41回


監修

株式会社ビズ・ナビ&カンパニー
マーケティング担当取締役
早嶋 聡史

早嶋聡史オーストラリア・ボンド大学大学院経営学修士課程修了(MBA)
D7 Partner's Clubメンバー向けに「DentalX活用術と売り上げアップ5つの視点〜入門編〜」講師を務め、中四国・九州地区にて好評開催中。


株式会社ビズ・ナビ&カンパニー

ホームページ
http://www.biznavi.biz